ブログリサ

徒然日記
<< 不安でいっぱいだった、プール1 | TOP | 連日のプール通い、プール2 >>
札幌芸術の森美術館:造形集団海洋堂の軌跡
造形集団海洋堂の軌跡
いま札幌芸術の森美術館でやっている「造形集団海洋堂の軌跡」を見てきました。

海洋堂ってご存じですか?
知らない方は「チョコエッグに入っていた動物のフィギュアを作ったところ」といえばわかるでしょうか?

展示内容的には、
・いままでどういうものを作ってきたか。
・どういうアーティストがいるか。
ということを紹介しているって感じでした。展示品が多いのでとても見応えがあります。

いろいろな世代が楽しめる内容になっていたので、おたくな人だけではなく、家族や友人、カップルなどと行っても、みんなで楽しめる内容だと思います。
(私は仮面ライダー世代なので、仮面ライダーの怪人などを懐かしく見ることができました。)

そういえば入り口でおまけをもらいました。
海洋堂:おまけ
袋に入っているので中身はわからなかったのですが、袋を開けるとチョコエッグのウィペットという犬(完成品)が入っていました。

芸術の森も少し色づき始めていました。
紅葉
| おすすめ | 19:19 | comments(4) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
それは楽しそうです。いいないいなぁ。
7-11のBCやタイムスリップグリコなんかも海洋堂ですね。

チョコエッグは3年前に、フルタのお家騒動に伴い、契約終了しました。
裁判にもなりましたけど、海洋堂は負けなかったです。
http://www.kaiyodo.net/etc/saraba_ce.html
| zero-52 | 2005/10/06 1:28 AM |
海洋堂の記事、見ました。うわー、たいへんだったんだあ。
ものを作る人(どんな仕事でも同じですが)というのはある種のポリシーを守るためにがんばっているので、それを踏みにじるようなことがあると深く傷つきます。こういう海洋堂の姿勢って立派だね。
| ぼん | 2005/10/06 8:06 AM |
こだわり(って本来悪い意味らしいね)のある仕事をする人って好きです。
「仕事」をしていると、少々高くても納得です。料理でも。
それからしたら、海洋堂のはオマケでも安い、と言わざるを得ません。
| zero-52 | 2005/10/07 1:53 AM |
年を取るにつれあまりたくさんの量を食べることができなくなって来ますから、量より質の時代に突入。「仕事」に対してお金を払うようになって来た気がしますね。
といいつつ、本日はケンタッキーを食べながら円山球場で高校野球(駒大苫小牧vs旭川実業)を観戦したわけです。量も質もえられなかったような気がします・・・
| ぼん | 2005/10/08 12:19 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ciao.chiaia.net/trackback/313194
トラックバック