ブログリサ

徒然日記
<< 秋のイタリア テレビの中のサッカー | TOP | 秋のイタリア ACミラン圧勝 >>
松井孝典「宇宙人としての生き方」を読み始めました
この本を買ったときのブログにも書きましたが、私はこの先生が大好きなんです
お話が大変わかりやすく、考え方もおもしろい
何より宇宙のことが大好きで、宇宙のことを考えたい、知りたいという魅力があふれている人だと私は思っています
今までこの先生の本を読んだことはなかったのですが、このイタリア旅行を機会に読んでみることにしました

まだ少ししか読んでいないのですが、宇宙と人間の文明をつなげて考えているようです
宇宙の秘密をひもとくことは人間がどこからきてどこに行こうとしているのかを知ることができると
私はこれら二つは別のものと考えていたので、ちょっと意外でした
もちろんまとめてわかった方が手っ取り早いですが、そんなうまく行くのかなあと思ったのです
しかし、その考え方に期待してしまうほどこの松井先生の考え方はおもしろく、独創的なのです
最後まで読むのがとっても楽しみです
| 文庫日記 | 16:47 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
松井孝典先生、私も大好きです。

何年か前、HP「日刊イトイ新聞」の
「知恵の実を食べよう 学問は驚きだ」イベントで
講演した先生の一人ですし、
TV「世界一受けたい授業」にも出演していましたよね。

東京大学大学院の教授なのに、フットワークが軽いですよね。


本は「宇宙人としての生き方」含め、3冊読みました。
面白いです。
| ひかる | 2005/11/07 2:38 PM |
ひかるさん、こんにちは
コメントありがとうございます
私が初めて松井先生を知ったのはほぼ日でした
インタビューを聞いて、おもしろいなあ、この人って思ったんです
この先生が私にとっての宇宙の入り口となりました
| ciao | 2005/11/17 8:07 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ciao.chiaia.net/trackback/343915
トラックバック