ブログリサ

徒然日記
<< 壁紙:Stadio San Siro | TOP | 秋のイタリア モンタルチーノのおいしいもの >>
ミネット・ウォルターズ「女彫刻家」を読み始めました
女彫刻家
イタリアに持っていったけれど読めなかった「女彫刻家」、読み始めました
病院の待ち時間って最高の読書タイムであります
いつ呼ばれるかというハラハラ感はありますが、あの待合室のちょっとしたガヤガヤ状態が案外集中力を生み出すのであります

で、「女彫刻家」ですが、私すっかり勘違いしておりました
私の考えていたストーリーとは・・・
 あるところに女の彫刻家がいた
 魅力的な女性
 ある事件に巻き込まれ、探偵的存在となり事件を解決する
でした
全然違った
 女彫刻家とは自分の母と妹を殺しバラバラにした女性の通称
 刑務所に服役している
 あまりにも猟奇的なその殺人事件を本にするために、あるフリーライターが彼女と直接話をすることに
まだ100ページくらいですが大変おもしろい
引き込まれます
| 文庫日記 | 14:48 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック