ブログリサ

徒然日記
<< 大相撲初場所が始まった! | TOP | 野球とサッカーの世界観について真面目に考えてみた >>
冬の新見本館(北海道蘭越町)
新見本舘2006_2
昨年秋に続いて「新見本館」に泊まってきました。
さすが北海道!ってぐらい雪がありました。(昨年秋の写真と比べてみてください。)

ここは露天風呂がある方と、天然蒸気風呂がある方の二つのお風呂があります。
冬はとにかく雪がすごく、かまくらのような状態で露天風呂に入れます。その写真がこれです。
新見本舘2006_1
これからもっと雪が多くなりますので、2月ぐらいに行けば一番雪が多いと思います。

ここのお湯は少しぬるめなので、この雪を見ながらずーっと入っていられます。
1時間以上入っている人もいるようです。
ただし、ここは混浴なので女性の方は入りづらいかもしれません。すいているときに行けば貸し切り状態ですので、のびのび入れると思います。あと宿泊者は、夜は女性専用になりますので夜に入るってこともできます。

私のお気に入りは実はこちらのお風呂ではなく、もうひとつの方のお風呂なんです。もうひとつの方で天然蒸気風呂に入るのが好きなんです。
天然蒸気風呂(天然サウナ)は温泉の源泉の蒸気でサウナになっているんです。私は普通のサウナには苦しくって入れない人なんですが、ここの天然蒸気はけっこう長い時間入っていられます。

あと、ここの温泉は飲めます。新見温泉のサイトを見ると
当館の温泉は、飲料すると慢性便秘、慢性肝、胆道疾患、じん麻疹、肥満症に適応するとされています。慢性便秘に効果を発揮すると言う事から、ダイエットにもご利用いただけます。

ということらしいです。飲みやすいお湯なので、お風呂に入るたびに飲んでいます。水も天然水なので水もおいしいですよ。

料理は高級旅館のように豪華ではないですが、山菜料理が多くおいしいと思います。タケノコ(笹の子)をマヨネーズに付けて食べるのが好きです。ちなみに二泊目の夜は「すき焼き」です。

まわりに何もなく、豪華でもない旅館・温泉ですが、とっても気に入っている温泉です。
| 観光 | 09:47 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
はじめて寄らせていただきました。

混浴のことで記事を書こうと思いいくつかのブログを検索していましたらこちらにお邪魔いたしました。


北海道の温泉は野趣にとんですごそうですね。

行った事がないので、とてもためになりました。

| 温泉旅館の経営者が教える旅館選びの松田 | 2006/02/21 11:16 PM |
松田さん、こんにちは。松田さんのブログを拝見しました。
ここは日本秘湯を守る会の温泉宿で、自炊湯治もできる宿です。
みんな1週間、2週間は泊まっているみたいです。
前に話をした人は「ここの温泉は肌にやさしいんだよねー。ここ以外には行けないんだよー。」と言っていました。
| Procida | 2006/02/22 11:30 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ciao.chiaia.net/trackback/393113
トラックバック