ブログリサ

徒然日記
<< 水泳における手と足の関係、プール3 | TOP | 阿部公房「R62号の発明・鉛の卵」を読み終わり、草薙厚子「少年A 矯正2500日全記録」を読んでいます >>
今日買った本 藤田嗣治とよしもとばなな
今日資生堂に行ってみた。プレゼントを受け取るだけだったんだけど、春のメイクをしてくれた。誰のメイクするのか悩んだ挙げ句、困っているうちに栗山千明メイクを選んでくれた。というわけで、いま私のまぶたはブルーです。

その足で紀伊国屋に。
芸術新潮4月号は藤田嗣治の特集
芸術新潮 2006年 04月号 [雑誌]
これ欲しかったんだ。中をパラパラ。この人油絵専門だけど、日本画っぽいのよね。その線が。絵を勉強した人の線を描く。かといってこてこての日本画ではない全体像。その融合ぶりがヨーロッパの人に受け入れられたのかも。その真実を確かめるために購入決定。
その名も「特集 藤田嗣治の真実」

文庫コーナーをぶらぶら。
草薙厚子「少年A 矯正2500日全記録」(文春文庫)
少年A矯正2500日全記録
これ読みたかったんだ。
この人の母親の本「『少年A』この子を生んで・・・」(文春文庫)と高山文彦「『少年A』14歳の肖像」(新潮文庫)は読んだから、そのあとどうなったかなあとずっと気になっていた。購入決定。
明日飛行機の中で読むかどうか迷っている。

よしもとばなな「なんくるなく、ない 沖縄(ちょっとだけ奄美)旅の日記ほか」(新潮文庫)
なんくるなく、ない―沖縄(ちょっとだけ奄美)旅の日記ほか
最近新潮文庫買ってなかった。よしもとばななの書く旅行の本って好きなんだよなあ。事実だけじゃない日記みたいな、読んでもらうためにだが自然にものを感じているところが、すごくリアルに伝わってくるから。色とか味とか温度とか悲しみとか、言葉を尽くさないと伝わらないようなことが一行で読めるから。
これを読んで沖縄に行きたくならないことだけを祈る。
明日の飛行機読書はこっちにしようかなあ。
| 文庫日記 | 16:41 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ciao.chiaia.net/trackback/461183
トラックバック