ブログリサ

徒然日記
<< 片足キックちょーうまい、プール8 | TOP | よしもとばなな「なんくるなく、ない」読み終わりました >>
窓ふきと、中華うどんと、死に方
今日は窓ふきをしてみた。うん、部屋が明るい。ふき筋いっぱいだがそういうことまでいちいち気にしない。気にすると次したくなくなる。古いタオルを最後までこうして使うのもいいね。それにしても窓は外もだが内も汚い。ジンギスカンとかしてるからか?
お昼は中華うどんを作る。はっきりいって和風のうどんよりうまいかも。今日はトマトとチンゲンサイを入れて最後に溶き卵。黒酢とごま油をドバドバ入れてうまさ倍増。商品化したい。ウー・ウェンに感謝だ。
プールでスイミング終わった後にバタフライしてたら先輩方に手首が曲がっているとの指導を受ける。自分でまっすぐだと思っていたものが曲がっていると言われると???となる。思い込みとは怖いもの。ただ曲がっているのはいいのかいけないのかわからない。その場にいた5先輩ほどに指導を受けたので逆らうこともできずあれこれやってみたがあまり改善しなかった。仕方がないので来週コーチに聞いてみよう。もしコーチがそれでよいといったらこわい。先輩にそういったらなんて顔をするか。人にものを教えること、教わることって難しい。人間関係悪くなりそう。
サウナで年寄りの死に方について話していた。病気でもなくある日ぽっくりと生活の中で死ぬ人がいるらしい。いいことだ、と私は思う。やはり入院したり寝てばかりいると周りが心配するし、じわじわと押し寄せる死というものに不安や恐怖を感じるだろう。ある日天使が天に突然引っ張っていってくれるっていうのがいい。きっとお葬式もその人をしのんでよかったよかったと楽しくなるだろう。悪口いわれるような葬式なんて出たくないものね。
| 一個人の一行日記 | 18:13 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ciao.chiaia.net/trackback/470281
トラックバック