ブログリサ

徒然日記
<< サヨナラ勝ち、それは不思議な勝ちだった | TOP | ピアノのCDと本棚整理 >>
坂木司「青空の卵」読み終わりました
青空の卵
この本を読み始めたときには登場する二人の男の人の関係はそんなに不自然には感じなかったんだけど、最後まで読んでちょっと違和感あり。ひきこもりの鳥井真一の口調と坂木への態度がちょっとちくはぐだなあ。引きこもりの人にあったことないからわかんないけど。
最後まですいすい読めたのは全体的におもしろかったからでしょう。あと2冊出てるようなので、読み進めば違和感が消えていくような気もする。
| 文庫日記 | 16:01 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ciao.chiaia.net/trackback/474782
トラックバック