ブログリサ

徒然日記
<< 課題続出、プール7 | TOP | 花を愛してしまいました >>
電車の中でメイクではなく、アイプチしてた
私が東京に行っているうちにお相撲が終わってしまった。雅山と白鵬の優勝決定戦だったらしい。ううっ、悔しい。野球に例えると、一年間ペナントレースを追っかけてきて、日本シリーズを見られなかったって感じだ。ね、悔しいやろ。
んでもって、東京にいるときにヤクルトvsソフトバンクの試合を12時過ぎまでやっていた。東京六大学野球で開始が遅れる×延長戦だったのだが、見てる人偉いよなあ。これぞほんとのファンやねえ。昔神宮球場で野球を見てるときは寮の門限のせいで泣く泣く試合途中で帰っていったものだわい。ああなんて理不尽なサラリーマン生活だったのだ。
そうそう、東京ですごいものを見た。正確には神奈川だけど。東横線に乗って横浜方面へ。斜め向かいのおねえさん、激しくメイクに集中中。それはいい。いや電車の化粧を肯定しているわけではないけど、まあ価値観の違いを崩壊させられないからね。んで彼女はなんとアイプチ(っていうんだっけ?)をしていたのよ。つまり二重にするための特殊メイク。筆で木工用ボンドみたいなのを塗って、細工をしてはがしていたよ。しかも両眼。結果的にはあまり変わらないように思ったんだけど、まあ本人が満足するのならそれでいい、というか仕方ない。しっかし度胸あるね。
久しぶりに横浜の中華街に行ったのよ。なんかすごいね。何がすごいってさ、中華街がふくらんでる、拡大してる。昔はお店なんて数件しかなくてしーんとしてたような通りにもひとがわいわい、お店もずらずら。関帝廟以外にも新しいお寺(っていうの?)もできてた。みなとみらい線が中華街にも行くようになったのできっと観光客が増えたんだろうなあ。いいとも悪いとも思わないけどね。私自身観光客だし。いつも言えるのは安くてうまい中華街です。大好きよん。
| 一個人の一行日記 | 17:10 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ciao.chiaia.net/trackback/486694
トラックバック