ブログリサ

徒然日記
<< 結婚記念日の出来事 | TOP | 6月1日は北海道で地上デジタル放送開始の日 >>
あやめとバラと病院の花
今日水着を買ってきた。早く泳ぎたいよー。色は黒。
今朝、ドイツvs日本のサッカー親善試合してた。もちろん見てない。旦那様は見ておった。情熱あるなあ。
福西と二岡って似てない?

今日病院に行ったんだけど、本を読む暇がなかった。数行読んだら呼ばれた。もっと読ませて欲しい。
歩道にあやめ?しょうぶ?咲いてた。札幌は6月になると歩道にたくさん咲く。排気ガスまみれになっていてとってもかわいそうなんだけど、すごくきれいなのよね、毎年。毎年デッサンしたいなあって思うんだけどそのまま季節が過ぎてしまう。
デッサンといえばバラをデッサン中。バラって花びらがたくさんあって難しい。この花をいただいて3日目。だんだん開いてきて香りも強くなってきた。中の蘂(しべ)が見えるほどに広がってきた。花ってきれいだよなあ。きれいだから枯れるのね。
もうずっと前のことだけれど、祖母のお見舞いで病院に行った。何かしてあげることはないかと見回すと花がいけられていたのだけれど、すっかり枯れていた。それが確か二つくらい置いてあったように思う。祖母はあまり歩けなくてきっと自分で捨てることもできなかったんだろう。病人と枯れた花。なんと象徴的な存在同士か。二つの不遇を増幅しあっているように思えてとても嫌だった。だから私は捨てに行った。それ以来病院と花の組み合わせが嫌いになった。
| 一個人の一行日記 | 16:06 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ciao.chiaia.net/trackback/490784
トラックバック